ヨドバシの保証制度を他店と比較

家電を買うなら

保証には「メーカー保証」と、店舗が付ける「延長保証」の二種類があります。


延長保証は「メーカー保証が切れた後でも、ショップが保証を行ってくれる」というもの。


以前は「メーカー保証が切れたらそこで保証は終わり」ということが多かったのですが、 この「延長保証」が一般的になってからは、メーカー保証が切れてもこちらの保証を受けることができる様になりました。


購入したと同時につく「メーカー保証」と異なり、「延長保証」は商品価格の数割を支払うことが加入の条件となっています。


そんな保証制度ですが、ショップが独自に行うものだけあって、「店によって内容が全く異なる」ということも少なくありません。


ここで、ヨドバシカメラの保証と他店舗の違いを比較して見ましょう。


ヨドバシカメラの場合
名称:「ゴールドポイントワランティ」
メーカー保証期間を除く二年目は8割、三年目は7割、四年目は6割、五年目は半額の修理料金を負担してもらうことができます。
一万円以上の商品に適用され、エアコンや冷蔵庫をはじめとする一部商品は期間内全額保証。
しかし注意したいのは、ネットショップの「ヨドバシ・ドットコム」で買い物をした場合は
「ゴールドポイントワランティ」に加入することができないこと、一部商品を除き保証対象となるのは一度のみということです。


ちなみにヤマダ電機の場合
名称「長期無料保証(白物家電)」「デジタル新長期保証(デジタル家電)」
「長期無料保証」の場合は無料でつけることができますが、「デジタル新長期延長保証」の場合は
「購入金額より5パーセント分のポイントを引くこと」でつけることが可能。
ちなみに「長期無料保証」は3年、5年、10年と三つの区切りがあり、「デジタル新延長保証」の場合は5年で統一されています。
デジタル新長期延長保証の場合でも、購入金額を限度として何度も利用することが可能になっています。


家電の保証内容を比較しているサイトも多々あるのですが、そこでヨドバシカメラのネックと言われているのが
「年数ごとに保証金額が目減りしていく」「一度きりの保証しか受けることができない」という点です。


この為、10年単位で買い替えを行う「冷蔵庫」「洗濯機」などの家電は
「一定の条件はつくが100パーセントの保証を受けることも可能なビックカメラ」「減額の度合いが小さいジョーシン」などでの購入がいいようです。


もちろん、購入するものにもよりますが、「保証」という点においてヨドバシカメラは内容がネックになっている可能性も否めません。


このページの先頭へ